天牛(紙切り虫)

私が関心のある、気に入った、「新聞」・「メルマガ」等のニュースをまとめて紹介します。「コメント」は歓迎ですが、「公開」の前に、判断をさせていただきます。

カテゴリ: 観光・医療観光関係

NNA ASIA

2020/8/7

東南アジア最大の訪日旅行者数を誇るタイで、訪日市場が転換期を迎えている。新型コロナウイルス感染症の流行を受け、日本を訪れるタイ人はほぼゼロとなった。現時点で訪日旅行の再開のめどは立っていないが、再開後は知人同士の少人数の旅行や個人旅行の人気が高まることが見込まれる。タイの旅行会社はコロナ後を見据えた訪日旅行商品の企画・販売に意欲を示しており、官民で協力して需要喚起を図る。

1

閑散とするスワンナプーム国際空港の国際線チェックインカウンター。日本を訪れるタイ人旅行者も
4月以降、ほぼゼロとなっている=7月25日、タイ・サムットプラカン県(NNA撮影)


日本政府観光局(JNTO)バンコク事務所が、6月2229日にタイの旅行会社48社(回答企業数24社)を対象に実施した調査によると、「コロナ後は訪日旅行商品の販売に注力するか」との問いに対して、75.0%が「従来通り」、残りの25.0%が「より取り扱いを増加させる」と答え、「取り扱いを削減する」との回答はゼロだった。

小沼英悟所長は、「訪日旅行商品を積極的に販売する旅行会社を対象に調査を実施していることを考慮する必要があるが、タイの旅行会社は依然として日本への送客に意欲的である」と話す。

大半の旅行会社は今後、「3040代」「(訪日経験のある)リピーター」「家族」「富裕層」に照準を合わせる方針を示している。

訪日旅行の興味(動機)については、「食巡り」「温泉」など従来から変わらないとみているが、旅のスタイルは「知人との少人数のグループ旅行」「個人旅行」に変化すると見込んでいる。

小沼氏は「コロナ後は見知らぬ人との旅行を避けたいと考える人が増えると見込まれる。数年前からタイ人訪日旅行者の間で自ら自動車を運転して日本国内を回ることを望む人が増えているが、コロナ後はレンタカー需要に一層弾みがつく可能性がある」との見方を示す。

■航空会社の経営破綻が価格上昇の一因に

「コロナ後に取り扱う訪日旅行商品を変えるか」との問いには、旅行会社の58.3%が「変える」と回答。訪日旅行商品の価格については、33.3%が「コスト上昇により価格を上げる」、29.2%が「価格を高めて価値を上げる」と答えた。

訪日旅行商品の価格上昇の一因として、格安航空会社(LCC)を含む複数のタイの航空会社の経営破綻が相次いだことによる航空券価格の上昇の可能性が挙げられる。これまでにフラッグキャリアのタイ国際航空、タイのLCCノック・エアラインズ、同社とシンガポールの同業スクートの合弁会社ノックスクート・エアラインズの3社が破綻。いずれもコロナ前は日本路線を運航していた。

2

JNTOバンコク事務所の小沼所長(左)と田浦次長=7月15日、タイ・バンコク(NNA撮影)


コロナ後のタイ―日本間の航空便は当面、運航会社と便数の減少、乗り入れ先の減少(=地方路線の減少)が生じる可能性があり、その結果、航空券の料金が高止まりし、コロナ前のような3泊5日で2万バーツ(約6万8,000円)前後の格安団体ツアーの成立自体が難しくなることが予想される。

そのため、旅行会社は「格安団体ツアー」よりも「知人との少人数のグループ旅行」「プレミアム団体ツアー」「インセンティブ・MICE(会議、視察、国際会議、展示会・見本市)旅行」を取り扱っていく意向を示している。

JNTOバンコク事務所の田浦靖典次長は「商品の価格を上げる代わりに、個人旅行では難しい付加価値の高い商品を開発・販売しようという考えの旅行会社が多く、JNTOとして取り組みを支援していきたい」と話す。

3


■タイ人旅行者の7割がリピーター

タイの訪日旅行者は、2013年7月に日本政府が短期滞在査証(ビザ)を免除して以降、右肩上がりに伸びており、18年に初めて100万人を突破した。19年は前年比16.5%増の132万人で、ASEANでは2位のフィリピン(61万人)に大差をつけて首位。世界でも中国、韓国、台湾、香港、米国に次ぎ6位となった。

タイの訪日旅行者は30代の上位中間層(アッパーミドル)以上が中心で、家族や親族と共に旅行する人が多く、リピーターが全体の7割を占める。行き先では、19年に東京の訪問率が初めて5割を切り、北海道や世界遺産に登録された白川郷の合掌造り集落がある岐阜県、九州など地方が人気を集めており、東北地方も認知度が上がってきているという。

新型コロナの影響で、20年上半期(1~6月)に日本を訪れたタイ人旅行者は、前年同期比68.5%減の22万人まで落ち込んだ。日本政府は新型コロナの水際対策として短期滞在ビザ免除措置を停止しており、現時点で訪日旅行の再開のめどは立っていない。

JNTOバンコク事務所は、ウェブサイトや会員制交流サイト(SNS)を通じてタイ人の趣味嗜好(しこう)に応じた、将来の訪日意欲を喚起する情報を発信するほか、旅行会社への情報提供や手配能力向上に向けた取り組みを実施し、航空会社や旅行会社と連携して共同広告やプロモーションを展開していく方針だ。

4

5


DIAMOND online(筑前サンミゲル 5時から作家塾(R)

2020.7.16

 

「いつになったら日本へ行けるのか?」中国国内で訪日希望者が急増

11

街中でこのような光景が再び見られるのはいつになることやら Photo by San Miguel Chikuzen(以下同)

 中国は、経済活動本格化のアピールを強めている。中国各都市への強力なロックダウンが解除された反動で高額消費が急拡大したが、それも一段落したようだ。

 経済活動は再開されつつある中で、旅行会社に対する「いつ日本へ行けるようになるのか?」という問い合わせが増えているという。

 日本同様に海外旅行は解禁されていないばかりか、中国政府は旅行会社による国内旅行も許可しておらず、多くの旅行会社の経営状態が逼迫 (ひっぱく)している。

 著者が定期的に取材する中国大連の旅行会社では、大連市内限定の観光業も認められていない(他市では市内・省内限定で観光業が部分解禁されている都市もある)。しかし、そもそも大連在住者が居住する市内観光や旅行を旅行会社へ依頼することはほとんどないので、市内限定で旅行業が解禁されても意味がないと話す。

 前出の旅行会社は、日本との関係を生かして7月から物販事業を始めた。そうしないと倒産してしまうと危機感を漂わせる。

訪日の目的は 公権力の圧力から解放される「癒やし」

 訪日を熱望する中国人には大きく分けて2パターンある。1つは以前の爆買いに近いものだ。化粧品や日常的に服用するサプリメント、目薬、歯磨き粉から調味料まで日本製品を愛好する人たちだ。彼らが自分で使用するものを日本で買いたいと希望している。

 多くのものは中国の高級スーパーマーケットや専門店で販売されているが、仮に同じものであっても日本で自分の目で選んで買いたいと希望する人が多いことが興味深い。

 もう1つのパターンは――ここ最近の傾向であるが――日本で癒やされたい、つまり、癒やしを求めて日本旅行をしたい人たちだ。彼らは富裕層に多く、それほど活発に買い物をするわけではない。ただ1人で東京を探索したり、地方を旅したりする。

 日本は地政学的、文化、習慣的にも閉塞感があり、今回の新型コロナでも働いた独自の同調圧力がある。日本に住む日本人はそれをストレスに感じたり、それが原因で、会社や家庭での人間関係に疲れてしまう人も少なくない。

 中国は中国で、日本とは違った種類のストレスを抱える。人間関係でのストレスも当然あるが、それ以上に政府や中国公安などの公権力からの強制力や圧力、理不尽なあらがえない決定に、多かれ少なかれストレスを感じているようだ。

中国で「癒やし」ブームが拡大 旅の目的も買い物から体験にシフト

「中国駐東京観光代表処」(日本政府観光局に相当)の王偉首席代表は、メディアでのインタビュー中で、日本語の「癒やし」という言葉から「治愈系」という言葉が誕生し、ブームになっていると話す。

 中国人が治愈系(癒やし)を感じるものは、多岐にわたる。中国での日常生活であまり使わなくなった紙幣を手にしたときや紙の名刺を受け取ったとき、電車の自動券売機、地下鉄の車内、日本語の語感、温水洗浄便座、 レストランの皿、スーパーやコンビニエンスストア、舗装されたアスファルトの歩道まで、あらゆるものに癒やしを感じるのだという。

 日本人の癒やしとは、大自然や動物と接したり、戯れるなどしたりをイメージするだろうが、中国人が感じる癒やしとは、非日常的な体験に近い。

 王偉氏は、癒やしブームは当面続くと考えており、中国人の旅の目的そのものが買い物中心から体験型へ大きくシフトしているのだと語る。

 中国で、PM2.5をはじめ大気汚染が大きな社会問題になった頃から、きれいな空気を吸うことを意味する「洗肺」という言葉が生まれ、きれいな空気を吸うために日本へ旅するという中国人も増えている。洗肺ついでに観光やショッピングを楽しむというように、以前とは目的が逆転しているわけだ。

「中国には日本のように自然と共生共存という文化はありません。また、文化大革命の後遺症で、地方や農村・田舎には悪いイメージを持っている人も一定数いて、東京や大阪などへという中央志向が根強くあります。一般の中国人が日本の地方観光や豊かな自然探索などを楽しむようになるには、まだまだ時間が必要かもしれませんね」(大連の旅行会社 )

日本に訪日客を受け入れるインバウンドの観光業再開はしばらく先になりそうだが、2月上旬から止まっていた日本から中国へのEMS(国際スピード郵便)が71日から再開した。

 川崎市在住の中国人女性は早速、吉林省に住む親族への贈り物にEMSを利用したという。送ったものは、「P&G」の赤ちゃん用の紙おむつと「明治」の粉ミルク。ともに中国人に絶大な信頼を得ているブランドだ。

 日本で売られている紙おむつと粉ミルクには、赤ちゃん向けという以外にも共通点がある。それは原産国が日本、日本で生産されていることだ。P&Gの紙おむつは、中国生産版も販売されているが、あまり信用されていないのか、高くても日本産を求める。

 日本製品愛好者らはしばらく訪日できない分、信頼できる日本在住者からの国際発送で補う日がしばらく続きそうだ。

 


全プラごみの2%を減らすことの意義は?

東洋経済オンライン(中村 陽子:東洋経済 記者)

2020/07/15

21

プラスチックの分解・劣化の過程についての研究はまだ結論が出ていない(写真:Blue flashPIXTA

 

1年間に海に流れ込むプラスチックごみは800万トン。毎日自家用車1.5万台分のごみが流出している計算になる。「海洋中のプラスチックの重さが2050年までに魚を上回る」という衝撃的な推計が発表されてから4年、日本でもプラスチック製レジ袋が原則有料化された。待ったなしのプラスチックごみ問題に意識を向けるきっかけになりそうだ。『海洋プラスチック 永遠のごみの行方』を書いたサイエンスライターの保坂直紀氏に聞いた。

プラスチックの分解・劣化過程は不明

──意外だったのが、肝心のプラチック生産・廃棄量などの基本データが把握されておらず、放置されたプラスチックがどう分解・劣化していくかの研究もまだ結論が出ていない、ということでした。

国連などが言及する数字は、研究者の論文から引用したものです。各国データの集計も、事はそう簡単じゃない。とくに海については、流れ込むプラスチックごみ(以下、プラごみ)の多くが発展途上国から。ごみの山からペットボトルを拾って残ったジュースを飲むような子どもたちが大勢いるわけで、雨が降れば川に流れ、そのまま海に出ていってしまう。そういう国々に、プラごみの統計を取れと言っても難しい。

プラスチックは土に埋めても半永久的になくならない、ということになってるけど、なくなるようだとの見解もある。一定の非常によい条件を与えてやれば、何十年かかかって食べてしまうバクテリアがいると。

──日常的にプラスチックが使われるようになってまだ50年。科学的な解明には時間が短すぎる?

土に埋めても、まだ結果は出ませんよね。そういうとき、科学の世界では極端な条件差を与えて実験する。その結果何かがわかったとしても、現実的にそんな条件が起こりうるかはまた別なわけです。

この間、どの添加剤をどう混ぜるとどう品質性能が高まるか、ものすごいスピードで研究されました。今度、それをどう捨てるかについては社会が関わってくる。廃棄コストが半分になりますといっても、社会が振り向いてくれなければ、その研究は意味がないことになる。その辺のモチベーションが廃棄研究では上がらなかったのかもしれない。欲しいものを買うときは気分が高まるけど、捨てるときは高まらないのと同じですね。

──実は、レジ袋が全プラごみに占める割合は2%に満たないとか。

市民が出すごみで厄介なものの1つがレジ袋であることは確かですね。もととなる原油の使用用途のうちプラスチックは3%、レジ袋はそのごみのさらに2%といってしまえば、ごくごくわずか。でも地球環境を考えたら、やらなければいけない。私たち1人ひとりの力は小さいけど、その小さい力を出し合わなければ。まずは始めてみようという気持ちになることです。自分たちがさんざん汚しといて、後はよろしくって子ども世代に丸投げするのも嫌ですしね。

「魔法のプラスチック」はない

──マイバッグも、繰り返し使用しないと、二酸化炭素排出量の面ではレジ袋を上回ってしまう。

22

保坂直紀(ほさかなおき)/1959年生まれ。東京大学大学院新領域創成科学研究科/大気海洋研究所特任教授。東京大学理学部卒業。同大大学院で海洋物理学を専攻、博士課程を中退し、85年読売新聞社入社。在職中、科学報道の研究により東京工業大学で博士(学術)を取得。2013年同社退社。(撮影:梅谷秀司)(撮影:梅谷)

100%ポリエステル製だと、原料採掘から焼却までにレジ袋の50倍の二酸化炭素を排出してしまう。つまり50回繰り返し使ってトントン。10回で飽きて捨てたら、かえって環境に悪いってことです。

今回のレジ袋有料化では、植物などから作られるバイオマスプラスチックが25%以上含まれていれば有料化は免除されました。ただここで要注意なのは、バイオマスプラスチックは、土の中や海に放置されたとき自然に分解が進む生分解性プラスチックとは別物だということ。光合成で植物が体内に取り込んだ二酸化炭素は焼却時に出ていくのでプラマイゼロ。

地球温暖化対策にはなる。でもプラごみ削減にはなりません。しかも、複数種類のプラスチックが混じっているので、リサイクルには不向きです。生分解性プラスチックにしても、分解されるにはさまざまな条件を満たす必要がある。魔法のプラスチックではないのです。

──さらに別の厄介さも……。

拾えないごみ、つまり清掃ボランティアも見過ごしてしまう“拾われないごみ”になりがちなことです。風雨にさらされ劣化しボロボロになったレジ袋は、砂に埋もれたり、草の根元に絡みついて引っ張るとちぎれてしまったり。放置された先は海です。拾えないプラごみの代表がレジ袋と、5ミリ以下に小粒化したマイクロプラスチック。マイクロプラスチックも砂や小石に交じれば回収できない。

23

『海洋プラスチック 永遠のごみの行方』(写真をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

海の生き物が間違ってマイクロプラスチックを食べ、その生き物を食べる私たちもマイクロプラスチック片を摂取してるのは確実です。マイクロプラスチックがさらに劣化し削られたナノプラスチックの存在も指摘されているし、繊維状のマイクロプラスチックもある。室内で舞い上がるほこりがそうだし、フリースを脱ぎ着するときもたくさん吸い込んでるはずですよね。

取り込まれたプラごみがどういった影響をもたらすかについては、実験で生き物に大量に与えたら運動が不活発になったとか、体内に油分が残留していたとかさまざまな研究結果が報告されてますが、まだ統一見解には至ってない。とくに人体への影響はまだ解明されていません。

プラごみ問題と地球温暖化は似ている

──そのマイクロプラスチックのホットスポットが東アジア海域、というのが不気味ですね。

気持ちのいい話じゃないですね。

プラごみ問題というのは地球温暖化とよく似てると思う。よくないことは頭ではわかるんだけど、実感としてつかめない。近年日本では毎年のように豪雨災害が起きていて、何かがおかしいとみんな思ってる。地球温暖化のほうがまだ人々の気づきが早いかもしれない。プラスチックについてもっと話題にすれば、「そういえば、身の回りにプラスチック多すぎるよね」とみんな思い始めるかも。

大事なのは、やはり1人ひとりが関心を持ち続けることです。プラごみ問題をどうするか判断するのは科学者でなく、社会の将来に決定権を持つ私たち。さあどうする?と判断を迫られたときのために、アンテナの感度を高めておきたい。温暖化もプラごみも、大きすぎて全然等身大じゃないし、未解明な点が多いし、マイバッグ程度で本当に減るのかとかモヤモヤ感が残る。できるだけ事実に基づいて整理をし、自分なりに納得して行動したいと思い、この本を書きました。

<関連記事>  プラスチックごみ、廃プラ

10. 中国、21年から「海外ごみ」輸入を全面禁止の訳ー東洋経済オンライン(2020.7.14)

   http://kairou38.livedoor.blog/archives/24012108.html

9. ゾウの死骸に大量プラごみ、タイ 消化器官に詰まり出血かー共同通信(2020.7.12)

  http://kairou38.livedoor.blog/archives/23988843.html

誰も反対できないレジ袋有料化の蜃気楼ーJBpress(2020.6.26)

    http://kairou38.livedoor.blog/archives/23798108.html

いつの間にか口の中に!海洋プラの知られざるヤバさ  魚や貝が体内に取り込んでいるマイクロプラスチックとはーJBpress(2020.6.10)

   http://kairou38.livedoor.blog/archives/23626443.html

海のプラごみ、すべてなくす この1世紀が分かれ道ー日本経済新聞(2020.4.28)

    http://kairou38.livedoor.blog/archives/23127705.html

西之島にプラごみ汚染 東京から1000キロ 海鳥被害を懸念ー中國新聞(2019.12.30) 

  http://kairou38.livedoor.blog/archives/21615608.html

.都市部になく地方で多かった意外なプラごみの正体(下)ーJBpress(2019.12.11)

  http://kairou38.livedoor.blog/archives/21331749.html

浮遊するプラごみで最も多いのは人工芝だった!()JBpress(2019.12.10)

http://kairou38.livedoor.blog/archives/21331749.html

2.東京湾を漂うプラごみはどこからくるのか?()JBpress(2019.12.9)

  http://kairou38.livedoor.blog/archives/21292162.html

先進諸国のごみの受け入れを拒否する東南アジアーNewsweek(2019.11.28)

    http://kairou38.livedoor.blog/archives/21126295.html


 

 

 

日本経済新聞(浜松支局長 新沼大)

202072

1

                                       「か祢古」はシンプルで上品な味わい


小麦粉を主原料とする料理を指す「粉物」。関西のお好み焼きを思い浮かべる人も多いだろうが、浜松市を中心とする遠州地域(静岡県西部)にも粉物文化がある。その名も「遠州焼き」。たくあんを入れ、薄く焼き上げるのが特徴だ。たくあんが各店の味に彩りを添え、「ソウルフード」として地元住民に愛されている。新型コロナウイルスを踏まえ、各店とも感染防止策に努めながら、徐々に通常営業に戻りつつある。

2

                                                          「お好み焼 大石」はふんわりとした生地に焼き上げる

JR浜松駅から徒歩20分ほど。地域の有力企業であるスズキの創業地に程近い浜松市中区相生町の「お好み焼 大石」は1949年創業の老舗だ。コロナ禍の影響もあったが、ほぼ通常営業に戻った。

ここの遠州焼きは生地がふんわりと軽い口当たり。細かく刻んだたくあんは素朴な甘みがあり、どこか懐かしい味だ。卵を入れない昔ながらの「素焼き」もある。先代から味を引き継ぎ、店を長年切り盛りしてきた大石照子さんは「味を変えないように努めてきた」と話す。昔ながらの味を守り続ける。

3

                                                          「ぬのはし」は大きなたくあんを入れる

遠州焼きのルーツは戦後の食糧難時代にあるともされる。誰が入れたか謎とされるが、たくあんは必須の食材だ。地元の三方原特産の大根を漬けたたくあんが手軽に手に入る。歯応えや腹持ちを良くしようと、自然と入ったのではないかと考えられる。

遠州焼きはもともと地元でお好み焼きと呼ばれた。浜松市のソースメーカー、鳥居食品が10年ほど前にB級グルメとして売り出すため、日本コナモン協会(大阪市)の指南を受け、遠州焼きと名付けたのが始まりだ。

4

高校が集まる同市中区布橋にある「ぬのはし」。同店の遠州焼きはふっくらした生地の中に大きなたくあんがゴロゴロと入り、食感がクセになる。甘めとしょっぱめの2種類のたくあんを絶妙なバランスでブレンドしている。ボリュームもたっぷりで、店主の娘で店を手伝う山口知子さんは「高校生ら食べ盛りのお客さんが多く、ついつい大きくなっちゃう」と笑う。

「か祢古(かねこ)」は1949年ごろに創業した老舗。小麦粉を薄く溶いた生地が通常のお好み焼きに比べ水分が多いのが特徴だ。たくあんはできる限り細かく刻み、隠し味にする。油を使わずに薄く焼き上げ、3枚に折り重ねて出来上がる。店主の金子秀克さんとともに夫婦で店を営む映子さんは「素材の量のバランスとシンプルな味付けが大事」と語り、上品な味わいにつながっている。

各店とも個性的な味を競っている。コロナ禍が落ち着いたら、足を運んでみてはいかがだろうか。

<マメ知識>おやつ感覚 西より薄く
遠州焼きは関西のお好み焼きに比べ薄い。これには両者の歴史の違いがある。遠州のお好み焼きを調査した鳥居食品の鳥居大資社長の見方だ。関西はお好み焼きが主食や主菜に変わっていく中で厚みを増していった。一方、遠州焼きは年配の人には駄菓子屋で味わった懐かしい味だが、小腹がすいた時のおやつであり続け、厚くならなかったという。このため、関西のお好み焼きには濃いソースが合うが、遠州焼きは生地の味を邪魔しないウスターソースが適している。しょうゆで食べる人もいる。

<関連記事>

大阪・広島「お好み焼き」戦争に終止符か?その歴史をたどるーTRiP EDiTOR(2020.6.17)
http://kairou38.livedoor.blog/archives/23865473.html

 

36Kr Japan

202071

 

「首旅如家(Home Inns Group)」、「亜Atour Hotel)」、「青藤酒店集団(Qingteng Hotel Group)」などのホテルチェーンをはじめ、杭州市内の400軒を超えるホテルが「無人フロント」を開設した。

 

宿泊客はアリババグループ傘下のモバイル決済サービス「アリペイ(支付宝)」の非接触型セルフチェックイン機を使用し、30秒で最後まで人と関わることなく非接触でチェックインやチェックアウトの手続をすませることができる。

 

アリペイ「デジタルホテル」サービスを提供する「緑雲(Green Cloud)」のデータによると、非接触型チェックイン機により、ホテルフロントのチェックイン効率は平均300%向上し、会員登録の連携により会員の浸透率は260%向上した。

 

中国の祝日にあたる端午節では、ホテル需要が高まり、アリペイ非接触セルフチェックイン機の導入台数は、前月に比べ300%以上増加した。

↑このページのトップヘ